ネイルサロン開業

ネイルサロン開業準備

どんな資格が必要?

ネイルサロン開業

ネイルサロンを開業すいるのあたり、必ず必要な資格というものはありません。

もっというならば、私は今日からネイルサロンを開業します。と宣言してもまったく問題はないのです。
ただし、誰でもできるからと言って、すぐお客さんが来るかと言えばそうはいかないですよね。
資格ではありませんが、要件として「お金をいただける技術がある」「お客さんを呼ぶことができる」という最低限の条件は必要ですね。
ネイル検定もありますが、JNECの2級及び、ジェル検定の1級あたりが、技術面でのスキルとしては必要ではないでしょうか。もちろん、試験用の技術と現場の技術は大きく違いますが、これらのスキルがあれば、あとはひたすら勉強をすれば、サロンの技術としてはある程度いけると思います。

 

また、しっかりと店舗を構えたサロンであるならば、ネイルサロン衛生管理士の設置が奨励されているので、お客さんの立場からみても、あった方が良いです。
JNEC検定、ネイルサロン衛生管理士の詳細はNPO法人日本ネイリスト協会(JNA)へ問合せしましょう。

 

この他あった方が役に立つ資格としては色彩検定が良いと思います。
人と手や顔は色があります。その色に合わないネイルカラーを選択すると、違和感がとてもあったりして、結局お客さんをがっかりさせてしまうケースもあります。
色の勉強も忘れずに行いましょう。

 

試験用と現場の技術の違い
資格というものはたいてい、現場のものと違う場合がありますが、ネイルも同じです。
資格を取って、いざサロンへ就職しても、すぐには接客はできません。研修で数か月間じっくり現場の技術を覚えることが必要です。
また、資格を取ってからもいろいろな技術セミナーなどもたくさんあるので、日々勉強が必要ですね。

 

残業代請求
浮気調査東京・埼玉
胸大きくする方法